スノーボード・ライフ

スノーボード・ライフ

スノーボードの初心者は最初は練習しかありません

スノーボードは大変難しいスポーツと思っている人はたくさんいるかもしれませんが、一度慣れてしまうと滑りこなすことができます。スノーボードの初心者の人はまずは板に慣れることから始めると良いでしょう。スキーと違って一枚の板で滑らなければなりませんし、ストックがないので、最初は安定感を取るのが難しいです。板をはめて立つことができるようになったら、軽く滑って止まる練習をします。スノーボードの初心者にとって最初の関門と言えるかもしれません。止まるためには減速をしなければなりません。さらに減速をするためには、ターンができないといけないのです。ターンはバランス感覚がとても重要になってきますので、何度も転びながら練習をするのが一番です。スキー場には初心者の人向けにスノーボードスクールを開講しているところがほとんどなので、早く慣れたいのであれば、スクールを利用するのが一番早いでしょう。最初のうちはたくさん練習するしかありません。

スノーボード初心者が通る第一歩

スノーボード初心者の方はどのように練習を行えばいいのか、分からない方もいるかも知れません。
スノーボードでかっこよく滑るためにはまず雪上を滑る感触を掴まなければいけません。
なのでまず初心者の方は木の葉滑りに挑戦してみましょう。
葉っぱが枝から落ちて風に吹かれながら地面に落ちて行く様子をイメージしてみてください。
進行方向にボードを向ければボードは正直にその方向に滑ってくれます。
何度か滑っていくうちにバランスのとり方、重心移動のコツを掴めます。
木の葉滑りができるようになったら、今度はその体勢でエッジを使えるようになりましょう。
エッジが使えるようになれば後々ターンをするときにコツが掴めますし、転び方の練習にもなります。
斜面に背を向けた状態で滑りながら、両足首を曲げるようにすればエッジを使うことができます。
くれぐれも転ぶ時は頭を最優先に守るように心がけてください。
天候によっては雪が固まってアイスバーンになっている箇所もあるので十分に気をつけましょう。

おすすめWEBサイト

Last update:2017/3/31