スノーボード・ライフ

スノーボード・ライフ

スノーボードに関連する重要なテクニック

自己流での上達が難しいという内容の多くは、習慣的に身についてしまった状況を克服していく段階から始まってきます。冬場のスポーツとして有名なスノーボードは、上級者から正しいやりかたをとことん学んでいくようにする行動が不可欠となっていくので、基本的な段階までしっかり戻ってみて改めて行動する状態が大切です。またスノーボードにおけるテクニックを見ていくには、動画付きのホームページを参考にするという行動も重要なのです。細かい動きを見ながらひとつひとつ習得していければ、素人が身につけるのに苦労するテクニックを自らで得るような方向にも期待が持てるようになります。
それに加えスノーボードに関連するビジネスも激化しており、スキー場の運営に大きな関係をもたらしています。冬場のレジャー施設を充実させていくためにも、若者のスノーボード人口を増やしていくような活動を今後も積極的に実施する方向が重要となるわけです。したがって、基本的な姿勢がポイントとなります。

スノーボードのテクニックを身につけるには

スノーボードはスキーと違い、重心の位置をしっかり身につけるまでは転びやすいスポーツです
。 スノーボードには様々なテクニックがありますが、それぞれを身につけるには「基本姿勢」と言って、しっかり重心を保ち板に乗っている事が前提となります。
平面では基本姿勢を作るのは難しくありませんが、斜面で立ち止まる為にはエッジに乗って重心を保たなければなりません。
ほとんどの初心者がこの段階で苦労しがちで、やはりスクールに入って基本姿勢をしっかり身につけてから先の練習に進む事がベストと言えます。
では、スクールではどんな風にすべてのテクニックの前提となる「基本姿勢」を教えてくれるのでしょうか?
基本的に、まったくの初心者には軸足だけ板を履いた状態での板の取り回しから教えます。
しかし実は、片足だけ装着した状態での練習は大変難しく、緩い斜面であれば両足装着してしまった方が手っ取り早いでしょう。
ポイントは膝を曲げて重心を真下に落とす、おへそは進行方向、目線は前方遠く、上半身はリラックスして腕を振らないの四点です。
これがすべてのテクニックの入口となります。

check

信州伊那自動車教習所で免許取得
https://www.ina-insta.net/

最終更新日:2017/3/31